安藤証券 TOPページはこちら

安藤証券株式会社(愛知県名古屋市)は創業明治41年。多彩でグローバルな商品ラインナップ

お問い合わせは:0120-024-005

Site Map

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大

口座開設

フィリピン株式ファンド

「フィリピン株式ファンド」のご紹介です。

topimage_philippines_stock.gif

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

設定・運用:カレラアセットマネジメント株式会社

【詳細情報・目論見書等】 【チャートを見る】

philippines_stock_image01.gif

philippines_stock_image01a.gif

philippines_stock_image01b.gif

philippines_stock_image01c.gif

ページ先頭へ

philippines_stock_image02.gif

拡大が期待される経済規模

  • 2015年末にAECが発足、域内人口6億人を超える巨大経済圏が誕生しました。
     
  • 高い競争力、透明性、統治体制を持った単一市場が掲げられており、
    ・ヒト・モノ・サービス・投資の移動の自由化
    ・広域物流の拡大、生産拠点の拡充
    ・旺盛な消費意欲、インフラ投資の増大
    が見込まれます。

     
  • 市場統合に向けて、関税撤廃やビザ緩和が先行して進んでいます。

【AECとは・・・】
人口規模ではEUを上回る世界最大の統合市場となり、今後の経済発展に期待が高まっています。また、AECの一環として、証券取引所の合同ネットワーク化も進み、投資の呼び込みやすい環境整備がはじまっています。

ASEAN(東南アジア諸国連合)
ASEANとは、東南アジア10ヵ国(人口約6億人)からなる地域協力機構です。フィリピンは、1967年設立からの中核メンバー で、政治、経済、安全保障等の諸問題を解決、発展、安定に寄与してきました。

ASEAN参加国10ヵ国
インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジア

ページ先頭へ

philippines_stock_image03.gif

株式市場

株式市場 フィリピン証券取引所
主な株価指数 フィリピン総合指数
時価総額 2,366億USドル
上場企業数 264社

銘柄候補

企業名 業種 概要
SMインベストメンツ 百貨店 小売業の運営およびショッピングモールや不動産の開発を手掛ける。
アヤラ・ランド 不動産会社 ホテル経営、不動産管理サービスに従事。
JGサミット・
ホールディングス
食品会社 消費者食品、農工業・織物産業の関連事業に従事。銀行・金融サービスも提供する。

出所:国際取引所連合資料(2016年11月末時点)、カレラAM調べ(2016年12月14日現在)

philippines_stock_image03a201701.gif

出所:ブルームバーグデータ、カレラAM作成(2016年12月14日現在)

philippines_stock_image03b201701.gif

出所:ブルームバーグデータ、カレラAM作成(2016年12月14日現在)

ページ先頭へ

philippines_stock_image04.gif

philippines_stock_image04a.gif

国名 フィリピン共和国
面積 299,404平方キロメートル(日本の約8割)。
7,109の島々がある。
人口 1億215万人
首都 マニラ
首都圏人口:1,288万人(2015年フィリピン国勢調査)
民族 マレー系が主体。ほかに中国系、スペイン系およびこれらとの混血並びに少数民族がいる。
言語 国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語および英語。80前後の言語がある。
宗教 ASEAN唯一のキリスト教国。国民の83%がカトリック、その他のキリスト教が10%。イスラム教は5%(ミンダナオではイスラム教徒が人口の2割以上)。
GDP 2,925億USドル
1人当たりGDP 2,863USドル
経常収支 84億USドル

出所:外務省資料(2016年8月9日更新)、IMF資料(2016年10月見通し)
出所:外務省資料(2016年1月15日更新)、IMF資料(2016年10月見通し)
 

philippines_stock_image04b.gif

国際性に富み、活気あふれる若年層がITイノベーションの中心となり、高い経済成長の原動力となっています。

教育

国民平均年齢・・・23歳

教育改革によるプログラムの拡大・拡充が進む

有名大学・・・
フィリピン大学 :大統領経験者を多く輩出
デ・ラ・サール大学 : 理系の学部が強く、研究機関としても評価が高い
アテネオ大学 :先進的なキャンパスを持つ

 

労働力

philippines_stock_image04c201701.gif

生産年齢人口は、5,700万人を超えます。

出所:フィリピン国勢調査(2010年時点)、カレラAM作成(2016年12月14日現在)
 

philippines_stock_image04d.gif

1.拡大するBPOビジネス

  • 「英語」を強みに、世界中の企業から各種の業務処理を受託しています。
     
  • BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)は、コールセンター、伝票処理、ソフトウェア開発等へと拡大を続け、政府も強力にサポートしています。
     
  • 特にIT分野でのBPOの成長はめざましく、2015年のIT-BPO売上高は200億ドルを超える規模(推計値)となる見込みです。
     

philippines_stock_image04e201701.gif

出所:フィリピン中央銀行資料、カレラAM作成(2016年12月14日現在)
 

2.インフラ整備の推進

  • 農業や水産資源などで食料自給率が高いフィリピンです。
     
  • 火山の噴火、台風などによる自然災害の被害コントロールも課題となっています。
     
  • フ ィリピン経済区庁(PEZA)は積極的に工業団地を整備するなど、海外からの直接投資を呼び込んでいます。
     
  • さらに生産性と安全性を高めるために下記のインフラ投資が計画されています。
     

【今後のインフラ投資計画】
マニラ首都圏の交通インフラ整備
森林管理事業
農業開発事業
包括的国家競争政策
技術教育モデル校支援
など

出所:カレラAM調べ(2016年12月14日現在)
 

3.世界に広がる海外就労者

  • 教育を受けて、適応力のある若い労働者が広く海外に活躍する場を見出し、就労しています。
     
  • OFW(海外就労者)からの送金は、国内消費を活発化させ、経常収支の黒字を下支えしています。
     

philippines_stock_image04h201701.gif

出所:フィリピン中央銀行資料、カレラAM作成(2016年12月14日現在)
 

4.歴史ある企業グループ

  • 工業化が進み、サービス産業の伸長も期待されます。
     
  • フ ィリピンの経済成長を牽引しているのは大手企業グループです。
     

不動産開発を主軸(スペイン系代表例)

アヤラ 住宅地域開発に成功し、その後大型都市開発にも進出。
ソリアノ 東南アジア最初の近代的ビール「サンミゲル」を買収し、育て上げる。

商業分野が主導(華人系代表例)

SMグループ 首都圏に大商業複合施設を展開。
ゴコンウェイ マニラに大商業センターを保有。

出所:カレラAM調べ(2016年12月14日現在)
 

philippines_stock_image04f.gif

自動車産業振興策を導入

  • 東南アジアで、タイに次ぐ自動車生産拠点として、若く豊富な労働力を活用して生産と市場拡大を目指しています。
     
  • フ ィリピンの自動車産業を押し上げる政府の強力な支援策の効果が期待されます。
     
  • 所得の増加とともに、自動車・二輪車を所有する傾向も高まっています。
     

philippines_stock_image04g201701.gif

出所:ASEAN自動車連盟資料(2016年12月14日現在)、カレラAM作成

ページ先頭へ

philippines_stock_image05.gif

当ファンドは、フィリピンの金融商品取引所に上場している企業または同国において主な事業を展開する企業の株式、預託証券、優先株式ならびに株価に連動する効果を有する有価証券、不動産投資信託証券など値動きのある有価証券に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動します。したがって、元金が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被ることがあります。当ファンドに生じた利益および損失は、すべて投資家の皆様に帰属することになります。投資信託は預貯金と異なります。

当ファンドの基準価額は、主に以下のリスク要因により、変動することが想定されます。

  • 株式の価格変動リスク
  • 為替変動リスク
  • カントリーリスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • 解約によるファンドの資金流出に伴う基準価額変動リスク
  • 資金移動に係るリスク
  • 予測不可能な事態が起きた場合等について

 

その他の留意点

  • 当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。
     
  • 当ファンドは、受益権口数が3億口を下回ることとなった場合等には、信託期間中であっても償還されることがあります。

当ファンドのリスクは上記に限定されるものではありません。

ページ先頭へ

philippines_stock_image06.gif

信託設定日 平成28年4月26日
信託期間 平成38年4月27日まで
購入の申込期間 当初申込期間:平成28年4月13日から平成28年4月25日まで
継続申込期間:平成28年4月26日から平成29年7月25日まで
ただし、継続申込期間は、上記の期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
購入価額 当初申込期間:1口当たり1円
継続申込期間:購入申込受付日の翌営業日の基準価額
購入単位 口数指定:1万口以上1万口単位
金額指定:1万円以上1円単位
申込不可日 販売会社の営業日であっても、申込日当日が、フィリピンの銀行または証券取引所の休業日に該当する場合には、お申込みができません。
申込締切時間 原則として、午後3時までに当社が受付けた分を当日のお申込み分とします。
(インターネット取引の場合、午後2時が締切時間となります。)
換金単位 1口単位
換金価額 換金価額は、換金申込受付日の翌営業日の基準価額から0.3%(信託財産留保額)を控除した価額となります。
換金代金 原則として、換金申込受付日から起算して7営業日目からお支払いします。
決算日 年2回(原則として毎年4月25日、10月25日。ただし、休業日の場合は翌営業日。)
※初回の決算日は平成28年10月25日とします。
収益分配 毎決算時に、基準価額水準、市況動向、残存信託期間等を勘案して、分配金額を決定します。
ただし、必ず分配を行うものではなく、分配対象額が少額な場合等には分配を行わないことがあります。

公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)の適用対象です。

ページ先頭へ

philippines_stock_image07.gif

購入時に直接ご負担いただく費用
購入時手数料 原則として、申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間は1口当たり1円)に対して3.00%(税抜)とします。

インターネット取引をご利用の場合、購入時手数料全額キャッシュバック(消費税除く)
換金時に直接ご負担いただく費用
換金時手数料 かかりません。
信託財産留保額 換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.3%を乗じて得た額とします。
投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用
運用管理費用
(信託報酬)
信託財産の純資産総額に年1.39%(税抜)を乗じて得た額とします。
その他費用 ファンドの監査費用、目論見書、有価証券届出書、有価証券報告書、運用報告書など法定書類等の作成、印刷および交付または提出費用、公告費用等の管理、運営にかかる費用、有価証券等の取引に伴う手数料(売買委託手数料、保管手数料等)、信託財産に関する租税、証券投資信託管理事務委託手数料、信託事務の処理等に要する諸費用等(その他費用については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を表示することができません。)

※手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

 ↑ページ先頭へ

philippines_stock_image08.gif

委託会社:カレラアセットマネジメント株式会社
当ファンドの委託会社として、受益権の募集、受益権の発行、信託財産の運用指図、投資信託説明書(交付目論見書)・運用報告書の作成等を行います。

受託会社:三菱UFJ信託銀行株式会社
当ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理・計算等を行います。

販売会社:安藤証券株式会社
当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、投資信託説明書(交付目論見書)・運用報告書の交付、一部解約の実行請求の受付ならびに収益分配金・償還金および一部解約金の支払いの取扱い等を行います。

 ↑ページ先頭へ

philippines_stock_image09.gif

対面取引 tenpo_b.gif
tel_tentou.gif本店店頭
営業時間:平日 8:30~17:00
コールセンター取引 あんどうコール
tel_call.gif
営業時間:平日 8:00~17:30
※すでに口座をお持ちのお客様はお客様専用番号へお電話ください。
インターネット取引 net_b.gif
サポートセンター
tel_net.gif

営業時間:平日 8:00~18:30
ネット取引口座開設はこちら

 ↑ページ先頭へ

本ページはカレラアセットマネジメント株式会社により作成された各種書面等をもとに弊社で作成した商品紹介ページであり、金融商品取引法により義務づけられた資料ではありません。お申込の際には、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめあるいは同時にお渡ししますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。

投資信託のお取引について

投資信託には下記のようなリスクがあります。

  • 投資対象となる有価証券等の値動き等により基準価格が変動しますので、これにより投資元本を割り込むことがあります。
  • 外貨建て資産が投資対象となっている場合は、為替変動リスク等もあります。
  • 投資対象となる有価証券等の発行者の業務や財産の状況等に変化が生じたことによる影響により投資信託の基準価格は変動します。これにより投資元本を割り込むことがあります。

*リスク等については「投資信託説明書(交付目論見書)」に詳しく記載されておりますので、お申し込みにあたっては「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容をご確認ください。

【手数料、諸費用】

  • 銘柄・取引チャネルごとに手数料・諸経費等が異なります。
  • 購入時に直接ご負担いただく費用として、申込金額に対し最大3.5%(税抜)の手数料をいただきます。(換金時にいただく場合もございます。)
  • 換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価格に対して、最大0.5%の信託財産留保額をいただく場合があります。
  • 保有期間に間接的にご負担いただく費用として、信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大年2.447%(税抜)プラスマイナス0.2%(概算))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の諸費用を間接的にご負担いただく場合があります。

美らネット24ログイン

市場概況

現在

日経平均株価
東証株価指数
JPX日経400
日経平均VI
円-ドル
円-ユーロ

データ提供:StockWeather

  • 取引注意銘柄情報
  • 不公正取引行為にご注意ください
  • 未公開株式の詐欺的な勧誘にご注意ください
  • 証券取引等監視員会情報提供窓口
  • 証券統計ポータルサイト
  • 証券・金融商品あっせん相談センター

安藤証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第1号
加入協会:日本証券業協会