安藤証券 TOPページはこちら

安藤証券株式会社(愛知県名古屋市)は創業明治41年。多彩でグローバルな商品ラインナップ

お問い合わせは:0120-024-005

Site Map

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大

口座開設

2019年4月レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

当社所属の田中優季選手の2019年4月レポートをお届けいたします。

2019年4月レポート

4月は、香港のビクトリアパークで25Kの試合がありました。

シングルス

予選1R:Rina SAIGO選手(JPN)に63.61
予選決勝:Watsachol SAWATDEE選手(THA)に63.64
本戦1R:YeXin MA選手(CHN)に63.62
本戦2R:Kaylah MCPHEE選手(AUS)に67(3)46

ベスト16でした。

予選1Rは全日本の1回戦でも対戦した西郷選手でした。

全日本のときは、緊張から球が浅くなり受け身の中での勝利でしたが、今回はしっかりベースのボールで主導権を取れ、相手を動かしていけました。

予選決勝の選手は同じ左利きで、左利きならではの柔らかさや懐の深さがあり、幅の広いテニスをしてくる選手で、やりにくさもあり、球の質自体は相手の方が上だったと思います。

その中で、ゲームの流れを読んで勝ちきれたこと、しぶとくプレーできたのは良かったと思います。

本戦1Rは、相手のプレーの特徴をしっかり頭に入れ、深さを取りながら相手を動かし、自分のエラーを抑えながら確率の高いプレーができました。

本戦2R
1stセットだけで1時間34分。
何度も40-40をしました。
相手もかなり苦しそうでした...。

相手との戦いはもちろん、自分との戦いでもありました。

スコアだけを見れば、1st5-3リード。セットポイントもありました。2ndも4-0。

あの時、あと半歩でもボールに入れていたら...など思うことはたくさんあります。

でも、コート上で全力で戦った結果なので今はしっかりこの結果を受け止めています。

テニスは確実に良くなっていますし、以前よりも圧倒的にネットを取れる回数も増え、自分からポイントを取るウィナーの形も増えています。

今はテニスに対する考え方も以前より柔らかくなり、結果やポイント、ランキングに追われるのではなく、しっかり自分のテニスと向き合えていると思います。

リードした時のプレーは課題ではありますが、あと少しの勇気とより頭の柔らかさが加われば、また先に進めると思っています!!

一覧に戻る

美らネット24ログイン

市場概況

現在

日経平均株価
東証株価指数
JPX日経400
日経平均VI
円-ドル
円-ユーロ

データ提供:StockWeather

上記表示データの無断転載を禁じます 著作権について

  • マイナンバー提供のお願い
  • 北浜投資塾
  • 取引注意銘柄情報
  • 不公正取引行為にご注意ください
  • 未公開株式の詐欺的な勧誘にご注意ください
  • 証券取引等監視員会情報提供窓口
  • 証券統計ポータルサイト
  • 証券・金融商品あっせん相談センター

安藤証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第1号
加入協会:日本証券業協会