安藤証券 TOPページはこちら

安藤証券株式会社(愛知県名古屋市)は創業明治41年。多彩でグローバルな商品ラインナップ

お問い合わせは:0120-024-005

Site Map

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大

口座開設

2017年3~4月レポート

NEW

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

当社所属の田中優季選手の2017年3~4月レポートをお届けいたします。

2017年3~4月レポート

3月、4月は慶應チャレンジャー(25K)→亜細亜国際(15K)→甲府国際(25K)→柏国際(25K)→トルコ(15K)→トルコ(15K)と6大会に出場しました。

柏までの3大会は全て1回戦敗退という結果で、自分の中でどうしたら勝てるのかがわからず、勝つイメージさえ描くことができていませんでした。

結果に繋げることができず、精神的にもしんどい時期でしたが、こういう時こそどう考え、どう過ごすかが大切だと思い、できるだけ落ち込まずに前向きに試合に対しても練習、トレーニングにも取り組みました。

その後の柏国際ではベスト4までいくことができました。

1回戦から競った試合ばかりで、どの試合も2時間半を超えるタフマッチでしたが、勝ち切ってきたことで少しずつ自信も戻り、精神的にも良い状態で毎試合臨むことができました。

この結果に満足はしていなかったものの、勝利から見放されていた私にとっては今回の柏での1週間のトーナメントはまた前を向く力になりました。

そして、トルコ遠征では1週目ダブルス優勝、2週目シングルス準優勝という結果でした。

約2年振りのクレーコートでの試合でしたが、クレーでの試合は毎試合すごく楽しかったです。

ラリーの展開の工夫、発想力が磨かれ、自分が角度や高さを使って相手を崩していく面白さ、相手も拾うのでラリーが長くなったり逆に相手に左右に打たれても走りきれば取れるので、なかなかエースにならず相手をイライラさせたり…

とクレーコートならではのテニスの魅力を感じることができました。

プレーしていて色々な駆け引きや展開がとても楽しかったです‼︎

またダブルスではありますが優勝でき、1週間負けることなく戦いきったことはシングルスにも繋がる自信になりました。

yuki_tanaka_report_201703-4_image01.jpg

今回のトルコ遠征は本当に私にとって意味のあるものとなりました。

このトルコの試合を選択し、遠いトルコまでプレーをしにきた意味と思いを毎試合コート上で表現することができていたと思います。

そして、今まで以上に一つ一つの行動や取り組み、ショットに対ししっかりとした意味と意識を明確にできていました。

この2大会、クレーコートでしっかりプレーができたこと、日本人が誰もいない場所でしっかり自分と向き合えたこと、本当に良かったと思います。

やはり勝つことがなによりも嬉しいし、テニスって楽しい!って思える瞬間です。

この瞬間を少しでも多く体験できるように、またしっかり練習とトレーニングをしていきたいと思います‼︎

5月までもう少し試合を入れる予定です。

常に自分のレベルアップ、自分の目指すステージに行くために必要なことを追って、しっかり前に進んでいきたいと思います‼︎

少しずつではありますが、ランキングも更新できているので、もっともっと上を目指して頑張ります!

これからも応援よろしくお願いいたします。

一覧に戻る

美らネット24ログイン

市場概況

現在

日経平均株価
東証株価指数
JPX400
日経平均VI
円-ドル
円-ユーロ

データ提供:StockWeather

  • 取引注意銘柄情報
  • 不公正取引行為にご注意ください
  • 未公開株式の詐欺的な勧誘にご注意ください
  • 証券取引等監視員会情報提供窓口
  • 証券統計ポータルサイト
  • 証券・金融商品あっせん相談センター

安藤証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第1号
加入協会:日本証券業協会