安藤証券「美らネット24」

システムリニューアル

次世代の美らネット24はスマート&シンプル

新システム画面イメージ

安藤証券のオンライントレードシステム「美らネット24(ちゅらねっとにじゅうよん)」は、2006年にサービス開始以来、革新的で多彩な金融商品のご提供にチャレンジし、実績を積み重ねてまいりました。

そして十年の節目を機に、デリバティブ取引時間延長、モバイル取引環境進化などの時代の変化に対応したサービス向上のため、取扱商品の見直しを含むシステム刷新を行い、より多彩で便利な特殊注文のご提供、スマートフォンでの取引可能商品・機能の拡充、取扱商品に一体感のあるシンプルな画面構成への変更に取り組みました。

更に、今後はシステム面のみならず、弊社のグループ力を最大限に生かし、中長期観点からのグローバル分散投資もじっくりとご検討いただけるよう、取扱ファンドを充実させていくことにも特に注力してまいります。


スマホ・タブレット対応


スマートフォンやタブレット端末でログインすると、自動で見やすい画面配置に切り替わります。

配置は変わりますが、表示内容・操作方法は同じなのでわかりやすくお取引いただけます。

  • 国内株式(現物・信用)
  • 国内先物・オプション
  • 投資信託

いずれもパソコン・スマホでお取引が可能です。

口座開設はこちら


ページTOPに戻る


取扱商品・手数料

株式、先物・オプションの売買委託手数料は業界最安値級でご提供!

投資信託は購入時手数料キャッシュバックを実施しております。


■国内株式(現物・信用)


制度信用取引における保証金・金利・諸経費

買方金利 2.35%
貸株料 1.15%
最低委託保証金 30万円
委託保証金率 40%
委託保証金維持率 30%
代用有価証券掛目率 原則、前営業日(もしくは直近)の時価評価額の80%とします。
ただし、その限りでない場合もあります。
  • 現物・信用の手数料ともに、1注文における1営業日中の約定代金にかかる手数料です。「週中」で発注した注文が複数営業日にわたって約定した場合は各営業日ごとに手数料が計算されます。また、1日定額手数料には対応しておりません。
  • 信用建玉の強制決済・現物株式等の強制売却・2016年7月19日以降に期日の到来する建玉の当社決済手数料は、お電話による代行注文の手数料を適用いたします。
  • お電話による代行注文の場合、上記の手数料とは異なる手数料をいただきます。詳しくは、ホームページにてご確認下さい。
  • 信用取引をご利用いただくには、別途お申込みおよび審査を通過していただく必要がございます。
  • 代用有価証券としてお取扱可能な証券は、上場株式・上場投信(ETF等)のみとさせていただいております。
  • 信用金利等は2017年4月21日現在のものです。

★現物株式取引ではNISA(ニーサ)もご利用いただけます。(PC版・スマホ版ともに対応)

★新規公開株(IPO)、募集・売出(PO)の需要申告への参加もWEB上から参加可能です。



■国内先物・オプション

先物オプションの手数料


委託証拠金

新規建て必要証拠金 未決済建玉および未約定注文について「ブル方向の証拠金所要額」と「ベア方向の証拠金所要額」の大きい方の金額-ネットオプション価値総額
(新規建て最低必要証拠金:10万円)
ブル方向の証拠金所要額 「先物買い」、「コールオプション買い」、「プットオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)
ベア方向の証拠金所要額 「先物売り」、「プットオプション買い」、「コールオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)
先物・オプション取引
全体の維持証拠金額
SPAN証拠金×100%-ネットオプション価値総額
  • 先物取引、オプション取引とも、SQ決済時には手数料が掛かりません。
  • 消費税は一取引毎の円未満端数切り捨てとなります。
  • 先物・オプション取引をご利用いただくには、別途お申込みおよび審査を通過していただく必要がございます。


■投資信託


  • 美らネット24では、投資信託購入時手数料キャッシュバック・プログラムを通常サービスとして実施しております。
  • キャッシュバックは、翌月の第10営業日までを目処に行います。
  • キャッシュバックされた金額は、一時所得または雑所得にあたり総合課税の対象となり、確定申告が必要になる場合があります。詳しくは所轄の税務署または税理士にお問い合わせください。
  • 当社の判断により、一部の投資信託をキャッシュバックの対象から除外させていただいたり、キャッシュバック・プログラムの提供を終了させていただく場合があります。キャッシュバック・プログラムを当社が終了した場合、通常の手数料体系に戻ります。各投資信託の通常手数料は取引画面にてご確認下さい。また、お取引の際は投資信託説明書(交付目論見書)等をよくご確認のうえ、投資の最終判断はお客様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。

★投資信託はNISA(ニーサ)もご利用いただけます。(PC版・スマホ版ともに対応)

こちらをクリックで取扱銘柄を検索できます


口座開設はこちら


ページTOPに戻る


多彩で便利な特殊注文

美らネット24では、通常の注文方法に加え、日中お忙しく注文を出せない方に便利で、かつ、様々な状況に対応できる「特殊注文」がご利用いただけます。お客様ご自身の要望にマッチしたオリジナルな注文を設計できますので、資金効率アップにお役立てください。


特殊注文は国内株式(現物・信用)、国内先物・オプションでご利用いただけます。


特殊注文の例


口座開設はこちら


ページTOPに戻る


口座開設の流れ

口座開設の流れ

  • 審査により、口座開設をお断りさせていただく場合がございます。
  • 信用取引口座、先物・オプション取引口座は別途会員画面からお申込みいただき、当社の審査を通過していただく必要があります。

口座開設はこちら


ページTOPに戻る


  このエントリーをはてなブックマークに追加   Share on Tumblr    

株式取引のリスク・諸経費
価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
ETFは経済情勢等の影響を受けて、ETFの一口あたりの純資産額である基準価額が下落したり、分配金が減少する可能性があります。ETFは対象となる株価指数等の値動きと、基準価額の値動きが一致するように管理会社によって運用される商品ですが、その運用にあたっては有価証券の組入コストが生じることなどから、株価指数等と基準価額の値動きが一致しない場合があります。また、ETFの市場価格は需給状況によって変動するため、基準価額と市場価格の値動きが一致しない場合もあります。
ETNは現物の裏付資産を有さず、発行体の金融機関の信用力をもとに発行されているため、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する又は無価値となる場合があります。また、上場対象はJDR(有価証券信託受益証券)ですが、その信託財産となるETNは海外発行される証券であるため、為替変動の影響や、発行国・地域における政治・経済情勢の変動、税制等諸制度の変更、天変地異等による償還価額の変動による損失を被る場合があります。また、ETNの市場価格は需給状況によって変動するため、ETN一証券あたりの償還価額と市場価格の値動きが一致しない場合もあります。
REITは不動産賃貸市場や金利環境等、様々な経済情勢等の影響を受けて、不動産投信の価格が下落したり、分配金が減少する可能性があります。また、不動産を投資対象としているため、投資対象不動産の火災や天変地異による被害など、特有の価格変動要因によって損失を被る場合があります。
取引所が定める上場廃止基準に該当する場合、上場廃止になることがあります。
株式のお取引にあたっては、金融商品取引法に定める「契約締結前交付書面」等をお渡しいたしますので内容をよくご確認ください。

【インターネット取引の場合にかかる諸経費】
■売買委託手数料(税抜)
現物取引:約定代金20万円以下は100円、約定代金20万円超~50万円まで300円、約定代金50万円超~100万円まで500円、約定代金100万円超~150万円まで600円、約定代金150万円超900円。

※株式を相対取引(募集等を含む)でお取引いただく場合、購入対価のみお支払いいただきます。

信用取引のリスク・諸経費
信用取引は、差し入れた委託保証金より多くの額のお取引が可能なため、株価の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

【インターネット取引の場合にかかる諸経費】
■売買委託手数料(税抜)
信用取引:約定代金にかかわらず一律100円。

■委託保証金
委託保証金率40%、委託保証金維持率30%、最低保証金30万円。

■金利等(年率)
買方金利2.35%、売方金利0.00%、貸株料:1.15%。また、管理費・名義書換料・その他が発生する場合があります。

投資信託のリスク・諸経費
投資対象となる有価証券等の値動き等により基準価格が変動しますので、これにより投資元本を割り込むことがあります。
外貨建て資産が投資対象となっている場合は、為替変動リスク等もあります。
投資対象となる有価証券等の発行者の業務や財産の状況等に変化が生じたことによる影響により投資信託の基準価格は変動します。これにより投資元本を割り込むことがあります。
投資に係るリスク全般は銘柄によって異なります。

【インターネット取引の場合にかかる諸経費】
購入時に直接ご負担いただく費用として、申込金額に対し最大3.50%(税抜)の手数料をいただきます。(換金時にいただく場合もございます。)
換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価格に対して、最大0.5%の信託財産留保額をいただく場合があります。
保有期間に間接的にご負担いただく費用として、信託財産の純資産総額に対する信託報酬(最大年2.447%(税抜)プラスマイナス0.2%(概算))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の諸費用を間接的にご負担いただく場合があります。
投資信託のお取引に係る諸経費は銘柄により異なります。

投資信託の個々の銘柄のリスク・諸経費については「交付目論見書(投資信託説明書)」をご確認下さい。

先物・オプション取引のリスク・諸経費
指数先物・オプション取引の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失が発生することがあります。
指数先物・オプション取引は、差し入れた証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときは、短期間のうちに証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
指数オプション取引の買方は、期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅し投資資金の全額を失うことになります。
指数オプション取引の売方は、証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対方向に変化したときの損失が限定されていません。

【インターネット取引の場合にかかる諸経費】
■売買委託手数料(税抜)
OSE(大阪取引所)上場の、 225先物が1枚あたり240円、 日経225miniが1枚あたり40円、 日経225オプション取引が1枚あたり約定代金の0.20%(最低手数料200円)。 SQ決済手数料は先物取引・オプション取引とも無料です。

■委託証拠金
OSE上場の、日経225先物、日経225mini、日経225オプション全体の維持証拠金額は「SPAN証拠金×100%-ネットオプション価値総額」が必要です。
新規建てに必要な証拠金「未決済建玉および未約定注文について「ブル方向の証拠金所要額」と「ベア方向の証拠金所要額」の大きい方の金額-ネットオプション価値総額(新規建て最低必要証拠金:10万円)」が必要です。
ブル方向の証拠金所要額とは「先物買い」、「コールオプション買い」、「プットオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)、 ベア方向の証拠金所要額とは「先物売り」、「プットオプション買い」、「コールオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)です。

いずれの商品におかれましても、契約締結前交付書面等の提供書面の内容をよくご確認のうえお取引いただきますようお願いいたします。