安藤証券 TOPページはこちら

安藤証券株式会社(愛知県名古屋市)は創業明治41年。多彩でグローバルな商品ラインナップ

お問い合わせは:0120-024-005

Site Map

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大

口座開設

(JPXより)第三回 北浜投資塾 特別対面セミナーのご案内

2018年7月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

日本取引所グループからのお知らせです。

第三回 北浜投資塾 特別対面セミナー 
「120分で実際に活用できる投資戦略を体得!オプション取引の魅力と可能性」

詳細・お申し込みはこちら(JPXウェブサイト)

セミナー概要

本セミナーは、「北浜投資塾」(先物とオプションを学べる動画チャンネル)の特別対面版として、オプショントレード普及協会とJPXが共同でオプション取引をメインテーマに計5回の構成で開催します。

実際の相場に基づいた投資戦略をご紹介する中で、損益のポイントやオプション投資ならではのメリット・デメリットをご紹介します。

オプション取引は、難しいイメージがあるかもしれませんが、ポイントさえ理解できれば、個人投資家でもリスクを限定しながら先物取引や株式取引とは違った投資戦略をとることができます。投資戦略によっては分かりやすく、高度な専門的知識が必要ない場合もあります。

本セミナーの対象

  • 新しい投資手法を探されている方
  • 先物の取引手法に悩みを抱えている方
  • オプションを取引するタイミングを身に付けたい方
  • オプションの学び方に悩んでいる方

第三回目の内容は「ストラドル戦略」です。テーマは「上がるか下がるかをあてなくていい!方向性の関係ない戦い方」です。先物・オプション取引に関心をもたれている方、また既に取引をされている方に特にお薦めしたい内容となっています。

<第三回「ストラドル戦略」の主な内容>
(1)オプションでデルタを±0にしてみる
(2)デルタが±0ならばどこで利益をあげるのか⇒残った指標ガンマ・シータ・ベガのリスクをとる
 1.ガンマ VS シータ(動くか動かないかの予想)
 2.インプライド・ボラティリティー(IV)の影響について(期中はIVの影響も無視できない)
(3)具体的な戦略
 1.イベントドリブンのロングストラドル(北浜投資塾2016年11月8日の例)
 2.テクニカル分析を用いたヘッジつきショートストラングル(=コンドル)
 3.インプライドボラティリティの変化を見ながら期中短期トレード(ボラティリティトレード)

<到達点>
1.デルタニュートラル~新しいリスク(利益の源泉)の考え方(ガンマ、セータ、ベガ) を理解する。
2.ストラドル・ストラングル戦略を理解する。
3.バタフライ・コンドル戦略を理解する。

開催日時・場所

日時 2018/7/23(金)18:30-20:30(開場は18:00)
場所 東京証券取引所ビル2階 東証ホール
アクセスマップ

本セミナーの参加をご希望のお客様は、事前に「北浜投資塾」(先物とオプションを学べる動画チャンネル)の以下のコンテンツのご視聴をお薦めいたします。(本セミナーの中では、動画で解説できなかった詳細部分についてより深くご紹介します。)

リンク:米大統領選で相場の方向性に関係なく利益を上げた事例

また、ご参加いただく皆様からのご質問(第三回セミナー「ストラドル戦略」に関連する内容)についても事前に受付けております。セミナー後半のQAセッションの中で可能な限り回答させていただきます。

加えて、オプションを一から学びたい方向けに、JPXアカデミーでオプションに関する初心者向け講座を定期開催しておりますので、是非ご活用ください。

皆様のご来場をお待ちしております。

詳細・お申し込みはこちら(JPXウェブサイト)

 

アンコール開催 第一回 北浜投資塾 特別対面セミナー
「プットオプションの買い戦略について」【東京】7月20日(金)開催のご案内

詳細・お申し込みはこちら(JPXウェブサイト)

5/21(月)に開催し、大好評であった 第一回 北浜投資塾 特別対面セミナー「プットオプションの買い戦略について」をアンコール開催いたします。

第1回目の内容は「オプションの買い戦略」です。オプション買い(オプションを保有すること)は単純なヘッジ戦略のようですが、タイミングを狙えば株式や先物とは異なるアプローチから利益を狙うことができる戦略でもあります。

また、オプション買い学ぶことで、オプション売りのメリットやデメリット(どんなリスクがあるのか、どんな取引が危険なのか)について自然に理解が深まります。

 

(OSE先物・オプション シミュレーター)
シナリオ追加のお知らせ 「過去相場の再現(2018年2月)」

OSE 先物・オプション シミュレーターはこちら

≪シナリオ追加≫

株価下落時のリスクヘッジや相場予測に基づく多様な投資戦略が実践できるOSE先物・オプション シミュレーターに新たなシナリオが追加されました。

追加シナリオ:「過去相場の再現(2018年2月)」

2018年2月の実際の大荒れ相場を用いて学習します。急激なボラティリティの上昇局面に相場に参加していたら、一体どれほどの収益 を上げられたのか。

ニュースと値動きを振り返りながら自由に売買ができ、実際の市場の学習に最適なシナリオとなっています。

ぜひともお試しください。

トップページへ戻る

指数先物・オプション取引について

  • 指数先物・オプション取引の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失が発生することがあります。
  • 指数先物・オプション取引は、差し入れた証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときは、短期間のうちに証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
  • 指数オプション取引の買方は、期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅し投資資金の全額を失うことになります。
  • 指数オプション取引の売方は、証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対方向に変化したときの損失が限定されていません。
  • 指数先物・オプション取引を行うにあたっては、以下の売買委託手数料をいただきます。

【先物取引】

約定代金の最大0.064%(税抜)、但し、最低2,500円(税抜)(対面取引)

【オプション取引】

約定代金の最大3.20%(税抜)、但し、最低2,500円(税抜)(対面取引)

  • 指数先物・オプション取引を行うにあたっては、以下の証拠金(インターネット取引)を差し入れ又は預託していただきます。証拠金の額は、SPANにより先物・オプション取引全体の建玉から生ずるリスクに応じて計算されますので、事前に記載することはできません。

【OSE(大阪取引所)日経225先物・オプション】

OSE上場の、日経225先物、日経225mini、日経225オプション全体の維持証拠金額は「SPAN証拠金×100%-ネットオプション価値総額」が必要です。

新規建てに必要な証拠金「未決済建玉および未約定注文について「ブル方向の証拠金所要額」と「ベア方向の証拠金所要額」の大きい方の金額-ネットオプション価値総額(新規建て最低必要証拠金:10万円)」が必要です。
ブル方向の証拠金所要額とは「先物買い」、「コールオプション買い」、「プットオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)、
ベア方向の証拠金所要額とは「先物売り」、「プットオプション買い」、「コールオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)です。


証拠金は全て現金で差し入れていただきます。


先物・オプション取引のご利用にあたっては、金融商品取引法に定める「契約締結前交付書面」等をお渡しいたしますので内容をよくご確認ください。また、お取引チャネルにより売買委託手数料、証拠金は異なりますので、ご利用のチャネルごとにご確認ください。


美らネット24ログイン

市場概況

現在

日経平均株価
東証株価指数
JPX日経400
日経平均VI
円-ドル
円-ユーロ

データ提供:StockWeather

上記表示データの無断転載を禁じます 著作権について

  • e-104net
  • 5分で解説!証券投資の疑問にお答えします
  • 取引注意銘柄情報
  • 不公正取引行為にご注意ください
  • 未公開株式の詐欺的な勧誘にご注意ください
  • 証券取引等監視員会情報提供窓口
  • 証券統計ポータルサイト
  • 証券・金融商品あっせん相談センター

安藤証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第1号
加入協会:日本証券業協会